競馬マーケットは数多くの競馬予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです|口コミ 評価
口コミ 反映

2014年 第60回産経賞オールカマー・第62回神戸新聞杯 予想

今週開催される穴馬を管理人が独自の千里眼でご紹介!

2014年 第60回 産経賞オールカマー(GⅡ)

アスカクリチャン

アスカクリチャン 注目馬 中山競馬場が改装中の為、新潟内回り芝2,200mで行われる産経賞オールカマー。管理人が推したい推奨馬はアスカクリチャン。昨年、アルゼンチン共和国を制してから調子を崩し結果が出せていなかったアスカクリチャンだが、前走でようやく復調の気配が見られた。トップハンデを背負わされて、1着と0.2秒差は立派な数字。そして、今回は待ちに待った芝の別定戦という事でようやくチャンスが巡って来た馬の一頭だ。
前走までは重いハンデを背負わされていが今回は57キロ。新潟内2,200mは第一コーナーまでの直線が長く、極端なハイペースになる事は考えにくく、差しだけでは難しいコース形態だ。アスカクリチャン自体、キレッキレな脚を持っているわけではなく先行勢に付いて行き長くいい脚を使うタイプ。荒れた馬場も得意な為、今の新潟事情とバッチリ合う可能性も高い。
勝浦騎手を予定しているが、出来れば外よりは内よりの番号が欲しい所。マルチなどの相手に入れときたい存在だ。

2014年 第62回 神戸新聞杯(GⅡ)

ヴォルシェーブ

ヴォルシェーブ 注目馬 菊花賞トライアルが行われる神戸新聞杯。今回推奨したい穴馬はヴォルシェーブだ。ヴォルシェーブは皐月賞・ダービーとクラシック路線には間に合わなかったが、確実に地力を付けて着ている馬だ。今年の2月となる前々走では、クラリティシチーやショウナンラグーンを押さえ勝利を飾っている。休養前の前走では、初の古馬との混合戦だが一番人気に支持され直線で楽に抜け出すとそのままゴール。素質の高さを魅せ付けるレースだった。阪神で連体した事もあちコースは問題なく、前走2,400mで勝ったという点も多いに評価していいだろう。現在、予想オッズでは6番人気。あまり人気になって欲しくない馬だが、春に果たせなかったクラシックの王冠。最後の一つを奪取する為に何が何でも権利が欲しい所だろう。

優良競馬予想サイトの的中実績