競馬マーケットは数多くの競馬予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです|口コミ 評価
口コミ 反映

2014年 第19回秋華賞・第62回府中牝馬ステークス 予想

今週開催される穴馬を管理人が独自の千里眼でご紹介!

2014年 第19回 秋華賞(GⅠ)

マイネグレヴィル

マイネグレヴィル 注目馬 京都2,000m芝で開催される牝馬クラシック第三弾「秋華賞」。だが、秋華賞は国内重賞競走最高金額である3連単1,098万円馬券が飛び出した舞台。大荒れも期待出来る。
今回管理人が推奨したい穴馬はマイネグレヴィルだ。まず、推奨したい第一理由が脚質だ。今回の京都競馬場は、非常に前が残り易い馬場となっており開幕週らしく、早い時計が多発していた。台風の影響も少なく、今週も同じようになると考えて問題ないだろう。最後の直線も短く、どちらかというとコーナーで器用に動ける脚が必要不可欠で先行力も重要になってくる。
ただまったく差しが届かない訳でもなく、1コーナーで先行が決まらず2コーナーまで続けば、先行争いが激化し差し有利になる傾向もある。マイネグレヴィルの前走は、休養明けで新潟の苦手な長い直線と恵まれなかった。不利だったにも関わらずで、一度抜かれたがそこから巻き返し3着に入った点を多いに評価したい。
今回は初の京都競馬場だが、小回りの方が得意な馬だけあって瞬発力のない馬だけに合う可能性もある。騎手も穴男「松岡騎手」が騎乗するだけあって、絶対に消してはいけない馬の一頭だ。馬体もツヤツヤで好調そのもの、内枠に期待したい!

2014年 第62回 府中牝馬ステークス(GⅡ)

アミカブルナンバー

アミカブルナンバー 注目馬 東京1,800mで別定で行われる牝馬戦の府中牝馬ステークス。今回、管理人が推奨する穴馬はアミカブルナンバー。1番人気の不調が続いているのがこのレースで、馬券妙味たっぷりの重賞の一つと言えるだろう。
「展開に左右されにくく実力がそのまま結果」に現れると言っても、さすがに開幕週だけとあって前も止まらず先行有利な傾向が見られた。
アミカブルナンバーの東京実績はもう言うまでもなく得意コース。問題は展開と距離のこの二つ。前走は、休養明けの朱鷺Sで惜しくも最後は届かず5着に終わった。最近は、差しの展開が多く見られるが差し一辺倒の馬ではなく先行して脚も使える。前回負けたレース後のコメントも「内枠が欲しかった」と発言しており、本当は前に付けたっかのだろう。距離も、走った事がない未知な距離だけあって不安もあるが、血統的にはすんなり走っても別に驚きはしない。重賞でも2回好走しており実力は折り紙付き、現在予想オッズ75.1倍と荒れるレースの相手に持って来いの馬の一頭だろう。

優良競馬予想サイトの的中実績