競馬マーケットは数多くの競馬予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです|口コミ 評価
口コミ 反映

2015年 第16回チャンピオンズカップ・第51回金鯱賞・第49回ステイヤーズステークス 予想

今週開催される穴馬を管理人が独自の千里眼でご紹介!

2015年 第16回チャンピオンズカップ(GⅠ)

ナムラビクター

ナムラビクター 注目馬 秋の最強ダート王決定戦として開かれる中京ダート1,800mで開催されるチャンピオンズカップ。2013年までジャパンカップダートの名称で行われていたが、場所も中京競馬場に移され名前もチャンピオンズカップに変更された。昨年は中央GⅠで初勝利となるホッコータルマエが勝利し、2着にナムラビグターもが入るなど三連単70,890円と高配当が付いた。今年は、三歳ながらも優駿の階段を昇っているノンコノユメなど次世代を担う若駒達との勝負にも注目されている。そんな中、管理人が推奨する穴馬はナムラービクター。
ナムラービクターは、昨年のチャンピオンズカップで2着に入った実力馬。昨年は使い詰めの中、地力で2着に上がってきたが今年は十分なローテーションを組みココを勝つ為に調整してきた。去年とは違う。前走のレースでは、5ヶ月ぶりのレースが響いたのが痛恨の出遅れ、それでも3着に上がって来たのは予想外。地力を魅せ付けた!調教もレースが一週間後から始めており、馬身体も弾ける程のツヤを出しており全盛期と言っても過言ではないだろう。年も6歳とGⅠを獲るまたとないチャンス。秋山騎手の手綱裁きに期待したい!

2015年 第51回金鯱賞(GⅡ)

マイネルフロスト

マイネルフロスト 注目馬 年末の大一番を目指す馬たちが終結する中京芝2,000mで行われる金鯱賞。2011年までは5月頃に開催されていたが、2012年末に年末の開催へと移され有馬記念の前哨戦に位置づけられた。2012年以降の優勝馬はどれも有馬記念に出走しており、馬券こそにはなっていないがどの馬も好走している。有馬記念への叩きレースとして目が離せないレースだ。そんな中、管理人が推奨する穴馬はマイネルフロスト。
マイネルフロストは前走のアルゼンチン共和国杯で6着と敗れた。距離も2,500mまでは許容範囲だが勝った事があるのは全て2,000m以下。今回、2,000mに戻る事でいかんなくパフォーマンスを発揮出来るだろう。中京コース自体走った事がないが、東京優駿でも好走している通り左周りは問題ない。中京は瞬発力よりもパワーが要求されやすいコースで、マイネルフロストには持って来いのコースだ。しかも、開幕週で先行型のマイネルフロストに全てが向くレースになると予想される。軸には持って来いの馬の一頭だろう。

2015年 第49回ステイヤーズステークス(GⅡ)

カノン

カノン 注目馬 特殊な舞台への適正が問われる国内最長距離の平地重賞。中山芝3,600mで行われるステイヤーズステークス。昨年は、一昨年に続き連覇を達成したデスペラードが勝利し三連単13,910円の結果となった。JRAでの最長レースとなる為、長距離への適正が十分に問われるレースであり、思わぬ高配当が飛び出す事もある。2012年にはトウカイトリックが勝利し三連単244,500円。2011年にはマイネルキッツが勝利し三連単410,950円の高配当が飛び出した。適正が問われる中、管理人が推奨する穴馬はカノン。
血統は父フォーティナイナーズサン母Cindazanno。フォーティナイナーズサン産駒自体長距離を走った経験がなく未知数だが、カノンの5走前「奥の細道特別」では0.6秒差で勝利するなど圧倒的な勝利を魅せた。近走は阪神・京都と使われているが結果が出ず伸び悩んでいた。本質的には小回りが得意なのだろう。福島競馬場は平坦と思われがちだが、途中でデコボコの坂があり今回の中山競馬場と一緒でスタミナが要求されるコースだ。牝馬で人気がなく、マークもされないので馬券的に魅力の一頭だ。頭が難しいがヒモとして拾って問題ない馬だろう。

優良競馬予想サイトの的中実績