競馬マーケットは数多くの競馬予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです|口コミ 評価
口コミ 反映

2016年 第154回天皇賞・秋(GⅠ)・第59回スワンステークス・第5回アルテミスステークス 予想

今週開催される穴馬を管理人が独自の千里眼でご紹介!

2016年 第154回 天皇賞・秋(GⅠ)

リアルスティール

リアルスティール 注目馬 秋の古馬GI 戦線の幕開け。東京競馬場2,000m(芝)定量 3歳以上オープンで開催される天皇賞・秋。昨年は一番人気の支持を受けたラブリーデイが勝利を飾った。非常に名誉あるレースで2013年にはジャスタウェイが勝利するなど陣営にとっても勝ち取りたいレースだ。賞金はもちろんだが、本当に欲しいのは「天皇賞・秋」というタイトルだ。天皇賞・秋を買っただけでも馬は種牡馬の道など大きく有利になりやすいく、どの陣営も本気仕上げでこのレースに挑む。そんな中、管理人が推奨する穴馬はリアルスティール。
リアルスティールは前走安田記念で11着と大敗した。だが、この負けは度外視していいだろう。初の1,600m戦でペースが合わなかったのもあるが、ドバイ帰りで疲れが溜まっていたのもあるだろう。天皇賞・秋を使ってジャパンカップを使うローテーションも考えられるが、この馬は距離2400mより今回の距離2000mの方が合うだろう。つまり、今回がメイチの仕上げで臨んでくる可能性が高い。だが不安点として調整不足で毎日王冠を使えなかったのがデカい。本来なら叩いた方がいい馬なのだが、休養明けもそこそこ走るだけに選択が難しい馬だろう。

2016年 第54回 スワンステークス(GⅡ)

ミッキーラブソング

ミッキーラブソング 注目馬 秋のマイル王への道。京都競馬場1,400m(芝・外)別定 3歳以上オープンで開催されるスワンステークス。このレースは11月半ばに行われるマイルチャンピオンシップして行われる。近年は堅いレースが続いたが、2013年には8番人気だったコパノリチャードが勝利し三連単426,890円の高配当が付くなど、本来は荒れやすいレースで今年も期待できそうだ。そんな中、管理人が推奨する穴馬はミッキーラブソング。
ミッキーラブソングは重賞でもオープンでもそこそこの戦績を残しており、どんなレースでも喰い下がる勝負根性が強い馬だ。適正としては、1200mの方がベストだが1400m巧者が阪急杯で4着を確保するなど適応力の高さもある。前走の東京1400mのパラダイスステークスでは単勝1.8倍の支持を受けるが8着と大敗。ただ、これは左周りが合わなかった可能性が高く度外視していいだろう。今回は得意な京都コースで実績もあり鉄砲も強い方だ。予想オッズも10番人気と馬券妙味が高く、是非拾っておきたい一頭だ。

2016年 第5回 アルテミステークス(GⅡ)

ツヅク

ツヅク 注目馬 過去4回の連対馬から3頭のGI ウイナーが誕生。東京競馬場1,600m(芝)馬齢(牝)2歳オープンで開催されるアルテミアスステークス。2012年から新設された重賞レースだが2012年にアユサン・2014年にはレッツゴードンキなどクラシックて活躍した馬を輩出し、昨年は2着だがメジャーエンブレムなど関係者の注目度が高くなるばかりだ。今後もGⅠ戦線につんがる重要な一戦となるレースになるだろう。そんな中、管理人が推奨する穴馬はツヅク。
ツヅクは前走中山芝1800mで7番人気でありながら逃げ切った。マツリダゴッホ産駒で今年の三歳馬で有名なのはロードクエストだ。若干早熟血統で仕上がりが早い為、2歳戦などでは無類の戦績を誇る血統だ。今回の舞台の東京芝1600mは距離以上にスタミナを要するコースで、距離短縮組が結果を残しているコース。ツヅクが負かした相手も、圧倒的な1番人気を誇った良血馬でレースレベルが低かった訳でもなさそうだ。逃げ残るのは厳しいコースだが、ノーマークなら逃げにも要注意したい。穴として一考したい馬だろう。

優良競馬予想サイトの的中実績