競馬マーケットは数多くの競馬予想サイトを口コミや評価を元に紹介しているサイトです|口コミ 評価
口コミ 反映

2017年 第67回東京新聞杯(GⅢ)・第57回きさらぎ賞 予想

今週開催される穴馬を管理人が独自の千里眼でご紹介!

2017年 第67回 東京新聞杯(GⅢ)

マイネルアウラート

マイネルアウラート 注目馬 伏兵に要注意のマイル戦。東京競馬場1,600m(芝)別定 4歳以上オープンで開催される東京新聞杯。このレースは安田記念・ヴィクトリアマイルと同じ舞台で行われる一戦だけに関係者の注目が非常に高いレースだ。ただ、1番人気の戦績が悪く近年では3着以内に入ったのが3回のみ。昨年は1番人気だったダッシングブレイズが落馬し3連単353,160円の高額配当となった。そんな中、管理人が推奨する穴馬はマイネルアウラート。
マイネルアウラートは昨年、3着に入って高額配当の立役者となったが展開が向いたレースになっただけで実力で入ったとは言い難い。だが今年も追い込み馬が多く、しかも1番人気のエアスピネルが予想されており下手にはどの馬も動けないだろう。昨年と同じくノーマークで逃げる事が出来れば昨年の再来も十分ありえる。要注意したい一頭だ。

2017年 第57回 きさらぎ賞(GⅢ)

プラチナヴォイス

きさらぎ賞 注目馬–> クラシックを見据えた3歳馬の精鋭が激突。京都競馬場1,800m(芝・外)別定 3歳オープンできさらぎ賞。クラシック開催まであと2か月となり、これまで以上に熱を帯びた戦いとなりそうな3歳戦線。昨年は有馬記念を制したサトノダイヤモンド、一昨年は牝馬で制したルージュバックなど豪華メンバーが名を連ねている。今年は一体どんな若駒が飛び出してくるか注目したい一頭だ。そんな中、管理人が推奨する穴馬はプラチナヴォイス。
プラチナヴォイスは前走京都2歳ステークスでは入れ込んでしまい最後の直線ではもう脚が残っておらず6着と惨敗。距離が少し長かったのか、クラシックは厳しくなりそうだが今回が勝負所と考えても問題ないだろう。エンパイアメーカー産駒とマンハッタンカフェ産駒は京都1800mの戦績が良く、どちらの血統も兼ね備えたプラチニアヴォイスは絶好の自己条件。人気馬が一頭いるが早めの追い込みで勝機もあるかもしれない一頭だ。

優良競馬予想サイトの的中実績